医師と薬剤師の分業

医師と薬剤師の分業

医師と薬剤師の分業

「医薬分業」ということが注目されています。
分業するということは、医師が薬の処方をし、薬剤師が薬の調剤をするということです。
現在では、医師が患者を診察して処方箋を書きます。
そして、患者はその処方箋をもって薬局で薬剤師に調剤してもらうという方法が少しずつ一般的になってきました。
医者で会計をして、また薬局にいくということは二度手間ですが、薬を飲むということは、薬の専門家である薬剤師に調剤してもらわなければ安全性が確保できないということです。
その為、薬剤師不足なのが現状です。
薬の専門家は、医師ではなく薬剤師。
しばらくは求職者より求人が多い状態が続きそうですね。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ